戻る


【14E-1】 無線モニタ

●下記18FICDルームモニタ【親機】暫定回路の受信機外部増設電源の電池寿命は、最低でも9000分以上の連続使用に耐えられ、毎日30分程度稼働しても1年以上の電池寿命となります。
(時々稼働する程度なら数年間は電池交換不要でしょう)

●モニタレベルについて
機器の遠隔制御はDTMF信号デコードにより行われていますが、無線モニタ(ルームモニタ)作動時は音声信号と外出先から指令したDTMF信号が混合されると周波数成分の関係から
DTMF信号デコード(MT8870BE)の誤認識率が高くなります。そこで目次9E-1 回路図-1から判読可能な通り遠隔制御のルームモニタ機能、警告アナウンス機能の音声信号とDTMF信号
を同時検出すると音声信号(警告音声信号、ボイスガイダンス信号)を抑圧してMT8870BEがデコード誤認識回避するように回路制御されています。
当システムの様な音声信号とDTMF信号が混合される遠隔制御方式では音声信号抑圧による誤認識回避はとても重要なファクタです。
無線モニタ資料-1
無線モニタ資料-2

●下記FMトランスミッタ登録クイックは、メーカのマニュアルとは無関係に操作方法/表現/名称など全て独自記載されています。
無線送信機資料-3