戻る

【4-2 】ボイス登録
ボイスメッセージ登録方法2種類を以下に示します。

【登録例-1】
技術資料の目次11E-1項ボイス応答ファイル一覧に記載されている各種のボイスメッセージテキスト
FILEを作成し、テキスト読み上げソフトによってWevメッセージを生成してパソコンのヘッドホン端子
からIC RECORDER ICD-70の録音端子に入力して、指定ファイルセクションに指定順番通り録音します。
※具体的な録音操作などはICD-70取り扱い説明書に準じます。(ファイルセクションと登録順番は後で
変更することも出来ます)

サンプル応答音声zip圧縮ファイル・ダウンロード・・・応答音声登録例(file_sample.mp3(246kb))

 <高音質登録の最新情報_2010-5-19>・・・登録例-1
株式会社エーアイから高品質音声合成エンジンが発表され、リンク先WEBページでユーザーテキスト
によるデモンストレーションが可能になっています。
違和感無く自然で大変素晴らしい最新技術ですので是非体感してみてください。当システムのボイス
メッセージも現状レベルで十分ですが、更に自然な高音質音声合成へ更新します。

【登録例-2】
技術資料の目次11E-1項ボイス応答ファイル一覧に記載されている各種のボイスメッセージテキスト
FILEの内容をIC RECORDER ICD-70の指定ファイルセクションに指定順番通り肉声で読み上げて録音します。
具体的な録音操作はICD-70取り扱い説明書に準じます。

●ボイス登録時の注意事項
ボイス応答メッセージのノイズを軽減(SN比を稼ぐ)するには、ICD-70ボイスレコーダの電源をメッセージ
登録時のみ電池駆動するなどの工夫で、より品質の高い応答メッセージに仕上げる事が出来ます。
(システム電源でメッセージ登録しても実用上問題となるような品質低下は有りません)