戻る

【3-2】I/O接続 (IO-CPUと外部機器インターフェイス)

I/O接続は、下記I/Oポート接続回路図から出力された信号をそのまま被接続機器に直接接続する方法、IO機器接続サポート機構を経由して各種リモコンを制御することで
間接的に制御する方法、オプション【14E-6】無線I/O_回路の無線による制御方法に区別されます。尚、I/Oポートからの出力信号種別は【4-4】出力信号設定の記載方法
によりラッチ又はプログラマブル1ショット信号に設定可能です。

●I/O接続回路図
インターフェイス

●電力制御インターフェイス端子盤画像
電力制御 端子盤画像


●電力制御インターフェイス(SSR)配置画像
電力制御 SSR配置画像


●IO機器接続サポート機構
※エアコンのリモコン操作を模擬する機構で、エアコンやリモコンは全く改造せず、外出先の携帯からエアコンのオン、オフ制御を可能にしています。
 本来ならリスク管理の観点からタイマー自動オフ制御モードを模擬するべきですが、下記資料はオンとオフは人為的に意識して制御しなければ帰宅後意識的に
 停止させるか又は停電まで延々と運転状態が維持されるので好ましく有りません。・・・本来は如何なる状況にあっても安全モードに傾斜する制御が望まれます。
エアコンのリモコン制御例